国家一般職試験を受験する皆さんへ


こんにちは!合格者アドバイザーのMoMAです。

明日は、国家一般職の一次試験ですね。
言わずもがなですが、国家一般職採用の大事な第一関門です。

国家一般職は他の試験と比較して、試験時間も問題も長いですから、集中力が問われます。
朝食は勿論ですが、昼休憩の食事も大事にしてくださいね。
食べすぎると眠たくなりますし、食べないのはもっての外です。

そして、A日程の試験期間も佳境に差し掛かっています。

今までの試験で上手くいかなかったことも、あったかもしれませんね。
それでも、次の試験は別物ですから、いくらでも取り返すチャンスがあります。

最後まで持てる力を振り絞って、問題に喰らいつきましょう!

それでは、気をつけて試験会場まで向かってくださいね!!

明日は国家一般職試験です!

アドバイザーのマツコです!
国家専門職試験から1週間。この1週間をどのように過ごされましたか?

国家専門職試験を終えて自己採点をし、それぞれ明日の試験に対する心境が異なると思います。
しかし、そんなことは関係なく明日の試験に臨んでください。
国家専門職の筆記試験が良くても、面接試験がまだ終わっていませんし、悪かった人は変えようが無いものを気にするより、変えられるものに全力を注いだほうがいいと気づいているはずです。

明日の試験には心機一転させて臨んでください。

国家一般職試験では、教養択一、教養記述、専門択一があります。
専門択一試験が終了するのは17時頃になるため、拘束時間が他の試験に比べても長く、特に持続的な集中力が必要な試験です。

万全のコンディションで受験できるように寝る時間や食事に配慮しましょう!

専門試験では8科目を選択して解く形になっています。
私の場合、憲法・民法Ⅰ・民法Ⅱ・行政法・ミクロ経済学・マクロ経済学・財政学・英語(基礎)を選択しました。
英語(基礎)??と思われた方がいると思います。
確かに政治学や行政学、経営学などに比べるとマイナーな科目であることは確かですが、ある程度得点することが出来るのも確かです。私の場合、政治学で1点くらいしか取れないなら少しでも多く取れる英語の方がよほど良いと考えました。

もし、文章理解などで英語を勉強されて、もしくはセンター試験等で英語を勉強されたことがあり、苦手意識が無ければ問題を見てみる価値はあります。
今までに勉強した成果を発揮する場ではありますが、他の科目と比較検討して1点でも多く点数を取れそうな科目を選択する事が本番では最も重要です。

受験は総合点での勝負になります。教養試験が出来なくても専門試験でカバーできます。(私の場合も教養の数的が飛びぬけて苦手だったので文章理解や専門試験でめちゃくちゃカバーしました。笑)
もっといえば筆記試験がボーダーあたりでも面接試験や論文試験でカバーは可能だということです。

肩の力を抜いて、できることは何かと考え、ただそれだけをしましょう。
前日にできることは限られています。あれもこれも・・・という気持ちは分かりますが、ある程度の諦めも必要です。
今の自分で勝負するんだと。これが私に出来る最大なんだと割り切って本番の日を迎えてください。

しかし、本番では諦めちゃダメですよ!!勉強していない科目の問題も自分の持っている知識を総動員させて解けないかと試行錯誤しましょう。意外に解ける問題が多いんです!
それと正攻法ではないですが、正解の組み合わせを選択する問題では選択肢だけである程度絞れることがあります。笑
最終手段として使ってください。

これくらい本気で試験に合格しようという執着した人が合格するんだと思います。
どうせ分からないからどれを選んでも同じ・・と考えていれば解ける問題も見えません。

来週は地方上級試験ですが、今は明日の国家一般職のことだけに目を向けて乗り切ってください!
いつも通りの自分で臨めればきっと大丈夫です。(いつも真面目にしてきた人限定ですが笑)

それでは失礼します。

国家専門職試験を受験する皆さんへ


こんにちは!合格者アドバイザーのMoMAです。

いよいよ、明日は国家専門職試験ですね!
この試験が「本試験一発目」だという人も多いと思います。

この試験が本命の人は、かなり緊張していると思いますが、今までやってきたことを信じましょう!
焦って、今までやったことの無い解き方を本番でしてしまうのは危険です。


皆さんの中には、「専門職試験が本命ではない」という人も少なくないはずです。
しかし、本命ではないからといって適当に流してしまうのは勿体無いですよ。

専門職といっても、他の試験種と比較しても主要科目の難易度は高くないですし、
自分の実力を試す機会だと思って、全力で取り組むべきだと思います。

何がともあれ、全力で勝ちにいきましょう!
皆さんの健闘を心からお祈りいたします!

明日は国家専門職試験!!

みなさん緊張していますか?アドバイザーのマツコです!
いよいよ国家専門職試験。この試験を皮切りに国家一般職、地方上級と連続でやってきます。
この試験から本命度がぐっと上がるという方は多いのではないでしょうか?

これまでに国家総合職、裁判所事務などの試験を経験している方は、本番の試験がどんな雰囲気かわかっているはずなので心配ありませんが、初めてという方!同様に心配要りません!笑

心配したっていい方向に向かいません。ただそれだけです。
そんな合理的に考えられないという方は勿体無いと考えましょう!無駄です!なるようになります!

これまでの勉強でつけてきた学力を120%発揮できる人は一握りです。殆どの人があなたと同じように緊張し、昨晩はあまり眠れず、朝食もいつも通り食べられていない、そんな状況で本番を迎えます。私もあまり眠れませんでした。

みんな同じ状況です。

その中でベストを出すためにはどうすればいいか、そこから考えようと思っていれば、たぶんいつも通りの自分で試験に臨めるはずです。

国家専門職試験は教養択一、専門択一、専門記述の3つになります。
最後の専門記述までかなりの時間を要する事になりますので、眠気がやってきます。
この眠気を吹っ飛ばすには、「何とかブル」や「何とかスター」というものを飲もうと考えてある方が多いのではないでしょうか。
しかし、個人的にエナジードリンクはオススメできません。
カフェインが含まれているため一時的には集中力が上がりますが、胃に負担が掛かります。ぎゅるぎゅるなります笑
そのため、どうせ口にするなら栄養ドリンクを飲むようにしましょう。私も筆記試験の日は必ず飲むようにしていたら集中力が全く違いました。

最後まで集中力を切らすことなく、というのは不可能なので休憩時間は目をつぶるとか15分寝てみるとか、それぞれリラックスする時間を作ってください。(もちろん、残り時間は次の科目の勉強ですよ笑)

あとは筆記用具や受験票、試験会場までのルートの確認など必要事項を必ず何度も確認しましょう。
私は試験会場までの下見をしましたが、ほとんどの人に真面目か。と笑われました(笑)
たしかにそこまでせずとも、駅まで行けば列が出来ているのでついて行けばたどり着きます、しかしそこまで真面目に下見をしたからこそ、当日は何も心配することなく会場にいけましたし、余裕がありました。

伝えたいことは山ほどありますが、長くなりそうなのでこの辺で失礼します。
最後になりますが、
もし、眠れるか心配だという人は普段から寝る時間と起きる時間を決めておくのがオススメです。
それか、眠くなってから布団に入る習慣を身につけておくと、布団は寝る場所と脳が判断してスムーズに入眠出来るそうです。

それでは楽しんで受験して来て下さい。いってらっしゃい!

先日のホームルームの質問に対する回答  藤野

みなさん、こんにちは。
藤野です。

5月27日(土)に実施した2018年合格目標受講生のホームルームで出た質問の回答です。

・アルバイトはいつやめるのが適切ですか?
 → これは個人の都合によりますね。
   合格者には、最後までアルバイトをやって(しかも深夜のラーメン屋)、複数の試験に合格した
   受講生もいます。
   ただ、一般的には、9月以降は勉強モードに入って欲しいので、9月以降は控えめにして、
   年明けには一旦やめて勉強に専念することをおすすめします。
   要は、必要な勉強時間の確保ができればいいわけです。

・インターンは絶対行くべきですか?
 → インターンは「絶対」と言われると困りますが。。。。(笑)
   行った方がいいです。モチベーションアップに繋がります。
   おそらく行って後悔する事はなく、行かずに後悔する可能性が高いです。

・WEB講義を丁寧に聴きすぎるのは良くないでしょうか?
 → やり方としては、丁寧に聴いてじっくり理解する方法と、
   ざっくり聴いて、ひと通り終わらせるという方法があります。
   私であれば、ざっくり聴く方法をとります。
   そして、早めに問題を解き、分からないところを再度聴きます。

とりあえず、質問の回答は以上です。

では、頑張っていきましょう!

藤野
検索フォーム
QRコード
QR