門司税関の説明会が行われました

アドバイザーひよこです

先日2月20日、LEC福岡本校にて、門司税関の説明会が行われました。

説明会には、25名もの受講生が参加してくださり、大盛況でした!
私も参加させて頂きました。

門司税関は、国家一般職の九州地区の採用先では非常に人気のある官庁です。
その秘密は何なのか?それを探る気持ちで説明会に参加させてもらいました!

まず、税関は財務省管轄の行政機関であり、主な仕事内容は、関税などの税の徴収と、港や空港などでの関所の役割を担っています。
特に、税関が最重要事項として取り組んでいるのは、【社会悪物品の取締り】です。

社会悪物品とは、麻薬や偽ブランド品など、社会におよぼす悪影響が非常に大きい品物のことを指します。

海外旅行の際、国際線で税関検査を受けた経験のある方、いるのではないでしょうか。
あの場で働いてる方々が、税関の職員として一番イメージしやすいかもしれません。

社会悪物品の取り締まりは、非常にカッコいいですし、とてもやりがいのある仕事ではないかと感じました。

他の公務員との比較として、税関の特徴は、シフト制であることや、当直(男性のみ)があることが挙げられます。
また、語学研修や専門事務研修など、実務向上のための研修が豊富なことも大きな特徴のひとつです。

これ以外にも、まだまだ税関の魅力をたくさん伝えていただいた回でした!

今回参加できなくて、内容をぜひ知りたい、という方は、私まで聞きに来てくだされば、細かくお伝えしますのでご遠慮なく!

2月22日(木)は、入国管理局の業務説明会が、LEC福岡本校171教室で行われます。
ぜひご参加ください!
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR