壮行会での質問  藤野

みなさん、こんにちは。
藤野です。

いやー、久しぶりにブログ書きます!

とりあえず、質問に答えます。

Q 試験中、トイレに頻繁に行くと怪しまれますか?
 2時間半で2回行くことは普通にある事ですから、大丈夫です。
 トイレを我慢して、集中力を欠いて、力を発揮できないことほどもったいないことはありません。
 遠慮なく、トイレに行きましょう。

Q 国税の専門記述の対策をどうすればいいですか?
 国税の専門記述は、憲法か経済で書くかのどちらかを選択する学生が多いです。
 憲法であれば、人権の事例問題の処理ができるようになる必要になります。
 難しいようですが、いわゆる人権パターンを知ること、二重の基準論と比較較量を正確に書けることができれば、大丈夫です。
 統治は裁判所の対策同様、解答例を覚えておけば、対処できます。
 どっちにせよ、論文対策のテキストを読んで、思い出せるようにしておきましょう。
 
Q いくら勉強しても不安を払拭できません。
 確かにその通りですね。
 逆に不安を払拭した状態とはどのような状態でしょうか。
 「俺は自信がある!間違いなく絶対に受かる!」といった心理状態でしょうか。
 どのみち、そのような心理状態になれるわけもありません。
 なれるのは、「自分のできることは一つ一つやっていった。あとは結果を待つのみ。」といった状態です。
 みなさんは、「できること」しかできないわけです。
 したがって、できることを一生懸命やればそれで十分です。
 「自分のできること」に専心し、集中して下さい。

とりあえず、みなさん、毎日5分間、目をつむり、何も考えない時間を作りましょう。
その時間は、1、2、3、4…と数字を数え、呼吸を意識しましょう。
数字を数え、呼吸をする事に意識を集中しましょう。
そうすると、脳がリセットされ、集中力が増します。

この「何も考えない」は、やってみると、いかに難しいかも同時にわかります。
ただ、これにより、不安に意識が集まることも減るでしょう。
毎日やりましょう!

という事で、またブログでお会いしましょう。

藤野
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR