FC2ブログ

LEC福岡本校『公務員試験絶対合格ブログ』

LEC東京リーガルマインド福岡本校の専任講師、公務員試験合格者アドバイザー、スタッフが公務員試験の『合格の秘訣』を伝授します。ご質問にもお答えしていきます!

Entries

警視庁の受験を考えている方へ

アドバイザーのフグタです!皆さん、こんにちは!!そして、毎日お疲れ様です。

今回は、警察志望の、特に警視庁の受験も考えている方へ向けて
記事を書きたいと思います。

私自身、警視庁を受験しました。
なので、
体験記の一つとして読んでいただけたら幸いです(^∇^)

まず、私が警視庁を受けようと思ったのには3点ほど理由があります。
①福岡県警と試験日が被っていない。(なおかつ、福警よりも日程が早いため良い練習にもなる)
②女性の採用人数が福岡に比べかなり多い。
③東京で働くことに憧れがある。(「上京」って言葉がカッコいいですよね!笑)

この三つの理由から警視庁に願書を出したわけですが、
思いのほかに、
福岡から東京までの遠征がキツかったのが印象的です。



遠征と言っても、たった二回じゃないか!
飛行機で一時間じゃないか!
と思ったそこの君!


甘い!笑


試験は朝早くから夕方の18時まであります。空港や都心からは離れたところで・・・

つまり、試験の前日と当日、東京に泊まらなければいけないのです!
これにより、宿泊費が思った以上にかかりました(°_°)


筆記試験に関しては、
いわゆる警察レベルと言われる問題よりもやや、ひねった問題が多かったのが印象的です。
警視庁は、過去問が多くありますので、出来るだけ多くの年度を解いておくことをオススメします。
漢字のテストもありますので、気をつけてくださいね。
私も、警視庁の過去問は4年分解いておいたので、少しは対応することが出来ました。
(自己採点は、28/50でした!)
ただ、その甲斐あってか、都道府県警の筆記試験が解きやすいと感じられるようになったのは収穫でした。

面接も、本命の前に本番の雰囲気を体験することが出来たのは良かったです。
面接会場は、私のときは、
剣道場を簡単なパーテーションで区切られている程度でした。、
受験番号を大声で叫ぶ受験生がいると、その度に質問が聞こえない、なんてこともありました。笑



気になる面接の結果ですが・・・


正直、警視庁の面接はボロボロでした。
(自己採点は、15/100です!笑)



しかし受けたからこそ、自分の課題を見つけることが出来ました。
例えば、
聞かれた質問に対する答えがズレていたこと、
準備していないと途端に抽象的な受け答えであったこと、など気づきを得られました。

ここまで長々と書きましたが
結果は、不合格でした。

ただ、ここでの経験があったからこそ、第一志望に合格出来たのかなと思っています。(結果論かもしれないです笑)




この体験記が
警察志望の方々の参考になれれば幸いです!

↓具体的な採用情報はコチラを参照ください↓

平成29年度警視庁採用サイト
スポンサーサイト