「集団討論指導会」お疲れ様でした!

どーもー。
久しぶりの更新なってしまいましたダーヨシです(´・_・`)

先日は集団討論指導会への多くのご参加ありがとうございました。
アドバイザー総動員で集団討論を実演した動画をお見せしましたが、
果たして見本になったといえるのかという感じで、申し訳なさと恥ずかしさがすごいです。

最終合格のためには集団討論をクリアしなければならない人も多くいると思いますが、
まずはきちんちしたやり方を理解しましょう!

    問題文の題意の確認、定義について頭合わせをする
                  ↓
                現状把握
                  ↓
               問題点の抽出
                  ↓
          問題点に対する具体的施策
                  ↓
                 まとめ

ざっくりこんな感じで進めていきますので、とりあえず型にはまってみて下さい。
本番では全く集団討論の練習をしておらず、討論の進め方を知らない人も混じっているパターンもあるので
とりあえずこれを知っているだけでも、ちょっと優位に立ちます!笑

そして教養論文を勉強した方は気づいたかもしれませんが、基本的な進め方というのはまさに教養論文の書き方です!
教養論文をグループで作り上げるようなイメージをするといいのかもしれません。

そして、何より大事なのは場数を踏むことです。
もちろん最低限度の知識は必要になりますが、そんなことよりもとにかく練習をすることが上手になる近道です!
福岡本校でも集団討論の練習する機会はもちろんありますが、受講生同士で自発的に討論の練習をすることをオススメします!

いよいよ本試験までの時間が迫り、焦っている人もいるとは思いますが、妥協せず目の前のことを一つずつクリアしていきましょう!
ではまた(゚∀゚)
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR