年明けの勉強法

皆さん、こんにちは。
昨日のホームルームに、体調不良のため出席できなかったフグタです。

こんなに、元気いっぱい!夢いっぱい!のキャラクターで売り出しているのに、体調不良とは情けないです。
(実は、その理由もすごく情けなくて・・・泣)
ご心配おかけしましたが(かけてないよ、という声も聞こえてきますね笑)、もう大丈夫です!
本日のブログでは、昨日お伝えするはずだった内容をまとめてみようと思います。

※本編に入る前に、私のことを知らない人のために前提情報をお伝えしておきます。
・試験科目は教養科目のみ
・就職活動も併願
・アルバイトが激務
・模試を一度も受けなかった不届き者である

Q1月、2月なにをやったか

 1月のフグタといえば、勉強と大学の後期試験に、アルバイト(アルバイト先の塾がセンター間近のため佳境に迫る)と、かなり物理的にですが、精神的にも追い込まれている状況でした。アルバイトは週3~4でした。
結論から言えば、1月前半は、社会科学のインプットと数的処理の特に図形の分野をやっていましたが、1月後半は、ほとんど大学の試験勉強ばかりで、あまり公務員の勉強に手を付けられませんでした。
 大学の試験勉強中でも、唯一やっていたのは数的処理でした。最低1日3問はKマスターを解く、と決めていました。なのでこの時期の勉強量は、他のアドバイザーや受験生に比べたら最も少なかったのではないでしょうか。
あとは、新聞だけは毎日目を通し、警察ネタには敏感でいるようにしていました。


2月は、主に数的処理のアウトプットと、社会科学のアウトプット(クイックマスターを利用)を行っていました。朝は8時半には起きて、LECの自習室に午前中には絶対いくと決めていました。
そして閉館ギリギリまで勉強するという毎日でした。

ただ、20日を過ぎたくらいから、途端に就職活動関連で忙しくなったのを覚えています。3月解禁だったこともあり、すごくバタバタしました。「就職活動も、しようと思っている」という受講生さんを何人か見かけたので、ここで一言物申します・・・!

2月の終盤から3月以降は、全然時間がありません!めちゃくちゃ忙しいです(: :)

だからこそ、1月2月はとっても大切です。身をもって感じました。
落ち着いて勉強できる最後のときだと、少し大げさですが、そう思って勉強するべきだったな、と思います。

今のうちに焦りましょう。
自分の勉強法を固定化しましょう。
使える時間は全て勉強に使いましょう。

昨日のHRに参加された方の出席カードの多くに「焦りを感じた」と書かれていました。ぜひ、その焦りを日々の生活に勉強に落とし込んでほしいな、と思います。



いよいよ、今年も残りあと5日となりました。
来年は、きっと、どの年よりも
自分の将来に悩む年になるかと思います。
ただ、悩んだ数が多い人ほど、合格に近づくのだと思いますし、合格したときの感動も大きくなると思います!!
私たちアドバイザーもあと3ヶ月はLECにいます。
一緒にたくさん悩みましょう!!!!



それでは、よいお年を(・O・)/

2010合格アドバイザーフグタより








スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR