合格者座談会 質問解答 Part1

みなさん初めまして!2016アドバイザーでワニ本推しのダーヨシです。

昨日の合格者座談会はお疲れ様でした。多くの受講生のみなさんに参加していただき、ありがとうございました!!
多くの方の前で話をすることは慣れてなくて、緊張しましたし、もっとこれを言っとけばよかったということはありますが、
少しでもみなさんの勉強法・スケジュールの立て方等の参考になったとすれば、嬉しいです。

ということで座談会で頂いた質問にいくつか答えたいと思います!


Q.勉強する中で線の引き方や色の分け方などには工夫をしていましたか?

A.基本的に2色使って線を引いていました。
僕の場合は、クイックマスターの冒頭や解説の部分で覚えておかなければならないキーワードとなるような単語には、受験生お 馴染みの赤シートで見えなくなる緑の蛍光ペンを引いていました。
次にやや重要度は落ちるけど、覚えておいたほうが良いというものについては、赤のボールペンで単語の下に線を引いていました。

このようにすれば、問題を解く→解説に線を引く→赤シートで隠しながら解説を読む
ということができるので知識の定着には役立ちます。特にいきなりクイックマスターを解くような科目(憲法・学系科目)には適していると思いますし、自分でまとめノートを作るよりは楽かなあ思います。

線の引き方はその人の学習スタイルによって様々あると思いますので、「これが絶対正しい」というものはありませんが、
・できるだけシンプルに
・色に統一性を持たせる
ということは必須ではないかと思います。もし良かったら僕のやりかたを参考にしてください(^-^)/


Q.志望先はどうやって決めましたか?(いつごろ)、志望先の情報はどうやって得ていましたか?

A.自分がどんなことに興味があって、どんなことに挑戦してみたいかで決めました。時期は年内には本命を決めていました。

志望先をなかなか決められない・どうやって決めたらいいか分からないという人もいると思いますが、決める判断材料となるものの1つは「自分がどんな立場で仕事がしたいか」だと思います。住民の方と接する機会の多い現場で働きたいと思うならば、基礎自治体のほうが良いでしょうし、施策の立案・計画作成などに携わりたい気持ちが強いならば、広域自治体のほうが適しているのではないかと思います。
また、個人的にどんな仕事に関心があるのか(ex.高齢者支援、まちづくり、災害対策などなど)によっても変わってくると思います。まずは自分が「どんな立場(住民の方に近いのか遠いのか)」で「どんな仕事」がしたいかということを考えることが必要です。

志望先の情報については、自分でネットを使って調べることはもちろんしましたが、自ら見学会に足を運ぶことで得ていました。
ネットでもある程度の情報は集まりますが、実際に現地に赴くことで職員の方ともお話できますし、イメージがより湧くのではないかと思います。


Q.特別区でなぜ○○区を選んだんですか?

A.ちょっと恥ずかしいので伏字にさせて頂きましたヽ( ´_`)丿
これは前の質問とも被る部分がありますが、自分なりにその区を調べた結果、自分のやりたいことがまさにその区で求められているように感じたというのが大きな理由です。
この質問にきちんと解答しようとすると、かなり長くかつディープな話になってしまうので、ほんとに知りたい方はぜひ面談にいらしてください!笑
そのときは何でも包み隠さずお話します!


Q.数的処理の勉強は、単元別(分野別)で行うやり方で大丈夫ですか?


A.基本的にはそのやり方で大丈夫だと思います。特に今の時期は、それぞれの問題の解き方をインプットしている人が多いと思うので、単元ごとに勉強をして、「この単元の問題はこうやって解く」ということを身に着けることが大切です。
もっと試験が近づいてからは、あえて様々な単元からランダムに問題を解くということをやるのもいいと思います。


Q.話の中で「一通り」と何度か出てきましたか、具体的にどの程度を意味しているのでしょうか?

A.僕がイメージしていた「一通り」は、難しい問題までを完全に解ける訳ではないが、標準的な問題については、解説を読めば問題理解できるという程度の理解度でクイックマスターを1周するというレベルのものです。


Q.数的処理はいつごろから時間を計りながら解いていましたか?


A.2,3月頃から時間を意識して解くようにしていました。
模試は自分の解くスピードを確認する場面にもなりますので、トライアル模試の段階で自分で時間を計っておくと、本番の問題数ではどのくらい掛かるか、何分足りないのかが分かると思いますので、現時点では模試のときにとりあえず自分の解くスピードを確かめる程度で十分だと思います。


Q.一番きつかった時期はいつだったか?


A.ちょうど今ごろから1月終わりまでの期間が一番きつかったです。
この時期は主要五科目+その他学系教科+その他教養のインプットの時期で、ひたすら暗記ばかりしてたので、毎日辛かったです。
その後は問題演習・復習がメインになってきて、ある程度自分の実力がついていることが実感できる機会が増えたので気持ち的には楽になりました。


Q.朝型?夜型?睡眠時間は?


A.朝も夜も勉強していました。笑
個人的には朝のうちに経済原論・数的処理などのどちらかといえば暗記から遠い科目をやっておくことをお勧めします。朝から暗記系をやってしまうと、午後から数的処理・経済原論を勉強してもあまり頭が回らないように感じることがあったからです。
睡眠時間は試験前でも必ず6時間は寝るようにしていました。



ということでざっくりではありますが、いくつか質問にお答えさせていただきました!
もっと詳しく聞きたい・他にも質問があるという方はぜひ気軽に相談に来てください。
経歴が経歴なので、ちょっと怖いのかもしれませんが・・・笑
何でも優しくお話しますので、お待ちしています(=゚ω゚)ノ

11月20日(日)には、論文・面接対策の座談会は予定されています!
今は勉強勉強の時期なので、あまり考える余裕もないとは思いますが、最終合格するにはこの2つは避けて通ることはできません!
アドバイザーも自身の経験を踏まえて、少しでも実のある話をするように頑張りますので、多くの受講生の参加をお待ちしています(*・`ω´・)ゞ
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR