初めまして!2016アドバイザーです!!

初めまして!2016アドバイザーとして10月から働かせてもらうことになりましたマツコです!
名前は気にしないでくださいね。笑
今回は私にとって人生初のブログ更新なので色々と変だったら後で教えてください(笑)

公務員試験は長い戦いになりますのでアドバイザーや講師の方、受講生同士で励ましあって、競い合って勉強していくことが一番の合格への近道です!!
不安を自分ひとりで抱え込んでも解消することはないと思いますし、勉強を進めていく上で精神的にも良くないので気軽に声を掛けてくださいね(^-^)/

早速ですが、今日までにあった質問に回答していきたいと思います!

①「憲法の授業を今日初めて受けたのですが、オススメの勉強の仕方や復習方法があれば教えてください。」

憲法は他の科目に比べて理解しやすく、判例を暗記することが中心になると思います。私が行っていた方法としては、講義があったら次の講義までにその講義で習った範囲の問題集を解くというものです。

テキストを見直す方法もあると思いますが、見て思い出すよりも実際にどのように出題されるのか、難易度はどれくらいか、問題として出たときに自分の理解度はどれくらいなのかなど見えてくるものの量も質も変わってきます。

もちろん良く理解していない部分や、講師の方が特に重要としていたポイントについては講義のレジュメやテキストを見直すようにしてください!

このときに勉強していく中で得た知識はテキストや問題集に一元化していくと試験直前の総復習に役立ちますよ!
これからかなりの数の科目を勉強していくので「二度手間にならないように」、「印象に残るように」を意識していくことが重要です。

②「経済学部で既にミクロ経済やマクロ経済の勉強をしている人は、特にどのような分野を勉強するといいですか。ひたすら問題集を解くほうがいいでしょうか。」

私も経済学部でしたので公務員試験の勉強を始める段階で既に基礎知識があり、最初のほうは特に理解することに苦しみませんでした。しかし、大学にもよるとは思いますが大学で学ぶのはほとんどが理論の部分であまり計算を伴うような学習はなかったと思います。違っていたらすみません・・・

そのため、授業があったら内容を理解できても問題集を解いて今日の授業内容をしっかりと理解してアウトプットまでできる状態かどうかを必ず確かめてください!理解を伴うような科目は特に自分で解けるかが重要です。何も見ずに解けるのであればその分野は繰り返しせずに分かってない範囲を中心にしていきましょう!

まずはじめは全体を分かる範囲も含めてひと通り問題集を解いてみて、皆さんそれぞれで得意不得意は異なると思うので自分にはどの範囲の勉強が必要なのかを見極めましょう。どの科目においてもすべてを同じように全範囲勉強していては時間が足りないと思うので、自分の志望先で頻出の分野を知った上で、その判断を最優先してください!

③「経済原論を解いていく中で、数学が不得意なため計算の途中式が少し抜けているだけで流れを見失うことがあります。どうしたらいいでしょうか。」

すごく分かります。私も数学が苦手で何度も経験があります。笑

経済原論の中で必要となる数学の知識は指数対数や微分だと思います。数学の知識が全くなくても経済原論で複雑な計算をすることはほとんどないので1からすべてを学ぶ必要はないです。どうすれば微分したことになるのかなど形上で暗記すればすむようなこともありますので知識がない方も、経済原論は最終的に得点源となるため、勝手に苦手科目に分類することがないようにお願いします!

途中式がなくて理解できなくても授業中に解決することはなかなかできませんよね。しかし、途中の流れを完璧に理解できていなくても問題に対してどのようなものを使って式を組み立てるのかを理解できていれば大丈夫なはずです。そのため、その時点で分からなくてもそれにとらわれることがないようにしましょう!

しかし、同じような方法で計算するような問題に出くわしたときのことを考えると不安でなりませんよね。授業後に講師の方や友人など分かる人に必ず聞きましょう!ここで放置することがないようにお願いしますね!

講師や友人に聞いても分からないときは基礎的な部分の知識が足りないはずなので、分からない部分をはっきりとさせた上で数学を復習するしかありません・・・この地道な努力が大切だと感じています( ̄^ ̄)ゞ


最後まで見てくださってありがとうございます!!
今後も定期的に更新していきますのでぜひ試験勉強をしていく上での参考にしていただけたらと思います。
ちなみに私が最終合格したのは、福岡県(警察行政)、国家一般職、国税専門官です。同じ志望先の方はもちろんそうでない方も試験勉強のことから面接対策まで力になれると思いますので相談日をどんどん活用してください(^-^)/
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR