2017-08-07

ホームルームの紹介   藤野

みなさん、こんにちは。
藤野です。

7月29日(土)にホームルームを行いました!
内容は、
 1 不合格体験記から学ぶ勉強法
 2 2017年本試験分析と今後の学習計画
 3 各科目の具体的勉強法
といったところです。

こうした話はいっときすると忘れてしまいますので、折に触れて繰り返し話していきますね。

このホームルームの感想として、

「ホームルーム、タメになりました!ありがとうございました!」
「勉強方法やこれからやるべきことを教えてもらい、気を引き締めていきます!」
「不安や迷いが楽になりました!」
「具体的な勉強方法が分かってよかった!」
「モチベーションを上げることができた!」
「効率の悪い勉強をしていたことに気づいた!」
「自己管理をしっかりしていこうと思いました!」

など、ホームルームが役に立ったとの感想をたくさんいただきました。
今後もよりよいホームルームにしていくように、内容の充実を図っていきます。

ちなみに、「予習は必要ですか?」という質問をいただきました。
科目によっては(例えば経済など)、最初にWeb講義を視聴して、通学講義を聴くというのもありです。
確かに、予習を「程よく」した方が学習効率が上がります。
この「程よく」というのが大事です。
「これは、難しくて理解できない。これは、理解しやすい。」
と言ったように、理解しやすい部分と理解しにくい部分を仕分けていくような予習がいいですね。
そして、理解しにくい部分はどんどん飛ばしていく。
そこを通学講義で聞くといった感じです。
テキストの次の講義の範囲を軽く読む程度でもいいです。
ただ、復習が一番大切なので、予習はできなければしなくても構いません。
予習より復習に力を入れてください。

それでは、みなさん。
頑張っていきましょう!

質問日・相談日に来てくださいね!
スポンサーサイト

2017-06-01

先日のホームルームの質問に対する回答  藤野

みなさん、こんにちは。
藤野です。

5月27日(土)に実施した2018年合格目標受講生のホームルームで出た質問の回答です。

・アルバイトはいつやめるのが適切ですか?
 → これは個人の都合によりますね。
   合格者には、最後までアルバイトをやって(しかも深夜のラーメン屋)、複数の試験に合格した
   受講生もいます。
   ただ、一般的には、9月以降は勉強モードに入って欲しいので、9月以降は控えめにして、
   年明けには一旦やめて勉強に専念することをおすすめします。
   要は、必要な勉強時間の確保ができればいいわけです。

・インターンは絶対行くべきですか?
 → インターンは「絶対」と言われると困りますが。。。。(笑)
   行った方がいいです。モチベーションアップに繋がります。
   おそらく行って後悔する事はなく、行かずに後悔する可能性が高いです。

・WEB講義を丁寧に聴きすぎるのは良くないでしょうか?
 → やり方としては、丁寧に聴いてじっくり理解する方法と、
   ざっくり聴いて、ひと通り終わらせるという方法があります。
   私であれば、ざっくり聴く方法をとります。
   そして、早めに問題を解き、分からないところを再度聴きます。

とりあえず、質問の回答は以上です。

では、頑張っていきましょう!

藤野

2017-05-10

壮行会での質問  藤野

みなさん、こんにちは。
藤野です。

いやー、久しぶりにブログ書きます!

とりあえず、質問に答えます。

Q 試験中、トイレに頻繁に行くと怪しまれますか?
 2時間半で2回行くことは普通にある事ですから、大丈夫です。
 トイレを我慢して、集中力を欠いて、力を発揮できないことほどもったいないことはありません。
 遠慮なく、トイレに行きましょう。

Q 国税の専門記述の対策をどうすればいいですか?
 国税の専門記述は、憲法か経済で書くかのどちらかを選択する学生が多いです。
 憲法であれば、人権の事例問題の処理ができるようになる必要になります。
 難しいようですが、いわゆる人権パターンを知ること、二重の基準論と比較較量を正確に書けることができれば、大丈夫です。
 統治は裁判所の対策同様、解答例を覚えておけば、対処できます。
 どっちにせよ、論文対策のテキストを読んで、思い出せるようにしておきましょう。
 
Q いくら勉強しても不安を払拭できません。
 確かにその通りですね。
 逆に不安を払拭した状態とはどのような状態でしょうか。
 「俺は自信がある!間違いなく絶対に受かる!」といった心理状態でしょうか。
 どのみち、そのような心理状態になれるわけもありません。
 なれるのは、「自分のできることは一つ一つやっていった。あとは結果を待つのみ。」といった状態です。
 みなさんは、「できること」しかできないわけです。
 したがって、できることを一生懸命やればそれで十分です。
 「自分のできること」に専心し、集中して下さい。

とりあえず、みなさん、毎日5分間、目をつむり、何も考えない時間を作りましょう。
その時間は、1、2、3、4…と数字を数え、呼吸を意識しましょう。
数字を数え、呼吸をする事に意識を集中しましょう。
そうすると、脳がリセットされ、集中力が増します。

この「何も考えない」は、やってみると、いかに難しいかも同時にわかります。
ただ、これにより、不安に意識が集まることも減るでしょう。
毎日やりましょう!

という事で、またブログでお会いしましょう。

藤野

2016-07-25

昨日のホームルームの質問回答!  藤野

みなさん、こんにちは。
藤野です。

昨日は、ホームルームでした!
参加した人の感想を見ると、
「ちゃんと復習をしようと思った」
「これからの勉強の進め方が分かりました」
「やる気がおきました」
「がんばろうと思った」
などモチベーションが上がったようでよかったです。

これから合格者もどんどん出てきます。
そういった合格者を皆さんに紹介していきます。
すると、またモチベーションがアップするでしょう。
ホームルームに参加する、合格者に会う、質問に行く、など行動を積み重ねていくと、
モチベーションがアップしていきます。

ポケモンGOの「ポケストップ」的なものです!(ちょっと違いますかね(笑))

みなさんは、これから合格を勝ち取るには、行動を積み重ね、経験値を高めて、成長していく必要があります。
ホームルームのような情報やモチベーションを得る機会、人との出会いの機会を自分から取りに行きましょう!

では、昨日の質問の回答を。

「まだ、ミクロ・マクロ経済学の授業が始まっていないのですが、授業を受ける前に、何か
やっておいた方が良いことはありますか」

そうですね、できればWEB講義を見るとよいです。
WEB講義を一通り見て予習をすると通学講義を聴いたときに効果があります。
以前の合格者にこの形をとった合格者がいました。


「特別区の受験も考えています。
特別区の論述は配点が高いと聞きますが、対策は年明けで間に合いますか?」

確かに、特別区は論述が合否を左右します。
去年の合格者も論述は早めに取り組みました。
早めといっても、年明けた1月か2月です。
ただし、昨日も話したように、それまでに主要5科目をきちんと固めることが必須です。
特別区狙いの場合は、論述は大切です。
これは意識しておきましょう。

「次回ホームルームに出席できないので、資料だけもらいたいです」

はい、大丈夫です!
たいてい情報コーナーに平積みしています。

「警察事務第1志望です。
何を中心に勉強すればいいですか?」

今年から福岡県の警察事務は「警察行政」と名称を変えて、Ⅰ類採用となり、6月試験となりました。
したがって、問題は行政の人と同じ問題が出題されます。
つまり、昨日お話ししたように「経済原論」が大切になります。
その他、数的処理・法律が大事、つまり主要5科目が大事です。
それから、その他の専門科目や教養科目を広く押さえる必要があります。
したがって、年内に主要5科目の完成度を高めましょう。
ちなみに、行政に比べて、警察行政や教育行政はボーダーラインが低いのが通常ではあります。

「現在通信で受講しているのですが、生講義に参加できますか?」

通学講義つきで講座を申し込んでいれば参加できます。
もし通学つきでない場合は、別途料金が必要です。
スタッフに相談してください。

ということで、今日も一日頑張っていきましょう!

2014-12-20

とりあえず行動しよう@藤野

こんにちは、藤野です。

昨日、秋試験に合格された受講生さんが何人も来られました!

本当にみんな最後までよく頑張ってくれたなと思います。

合格をした人に共通するのは、「行動を起こした」ことです。しかも、何度も。

昨日来てくれた合格者も、面接の準備に何度も私や高瀬先生のところに足を運びました。
「考えてから行動」ではなく、「とりあえず行動」という感じです。
「とりあえず、面接のことが気になったので、相談に来ました」みたいな感じで。
1次試験終わっていない段階でも、まだ何も考えていない段階でも、
「とりあえず、先生かアドバイザーの所に行こう」的な感じで、全然いいですよ。
必ず何か前進します。

勉強もそうです。
「とりあえず、問題集見よう」的な感じが大事。
「んー、どうやって勉強しようか?」とか「計画を慎重に…」と言ってると、
いつまでたっても勉強しません。
とりあえず勉強してから、計画や方法は考えたらいいと思います。
失敗もありますが、それもまた、成功への重要なステップです。
成功者は数多くの失敗をしています。

今日、ブログを書いたのは、
ぜひ、LECの他の学校のブログを見てみては?と思ったからです。

たとえば、
LEC関西のブログとして、
LEC関西 公務員受験生応援ブログ http://lecumedaekimae.blog37.fc2.com/ があります。

また、
LEC東京のブログとして、
【LEC公務員合格者ブログ】即効!合格者が教える勉強法 http://moshisapuri2.blog5.fc2.com/ があります。

関西は、関西の受験生向けのものですが、
本試験分析などなかなか充実しています。
私たちも見習って、充実を図らねばと強く感じます。

東京は、アドバイザーが多いこともあり、
勉強方法や受験生活など、
受験生目線の良質な情報が満載です。
都庁・特別区情報も豊富なので、関東圏への就職を考えている方は特におススメです。

LECにはいろいろなサービスがあるのですが、
十分に活用しきれていない、あるいは、「知らない」という受講生さんが多いです。
困ったことがあれば、ぜひスタッフ・アドバイザー・講師にいち早く相談を。
「行動をすぐに起こすこと」が大事ですよ!

ではでは。