スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警視庁の受験を考えている方へ

アドバイザーのフグタです!皆さん、こんにちは!!そして、毎日お疲れ様です。

今回は、警察志望の、特に警視庁の受験も考えている方へ向けて
記事を書きたいと思います。

私自身、警視庁を受験しました。
なので、
体験記の一つとして読んでいただけたら幸いです(^∇^)

まず、私が警視庁を受けようと思ったのには3点ほど理由があります。
①福岡県警と試験日が被っていない。(なおかつ、福警よりも日程が早いため良い練習にもなる)
②女性の採用人数が福岡に比べかなり多い。
③東京で働くことに憧れがある。(「上京」って言葉がカッコいいですよね!笑)

この三つの理由から警視庁に願書を出したわけですが、
思いのほかに、
福岡から東京までの遠征がキツかったのが印象的です。



遠征と言っても、たった二回じゃないか!
飛行機で一時間じゃないか!
と思ったそこの君!


甘い!笑


試験は朝早くから夕方の18時まであります。空港や都心からは離れたところで・・・

つまり、試験の前日と当日、東京に泊まらなければいけないのです!
これにより、宿泊費が思った以上にかかりました(°_°)


筆記試験に関しては、
いわゆる警察レベルと言われる問題よりもやや、ひねった問題が多かったのが印象的です。
警視庁は、過去問が多くありますので、出来るだけ多くの年度を解いておくことをオススメします。
漢字のテストもありますので、気をつけてくださいね。
私も、警視庁の過去問は4年分解いておいたので、少しは対応することが出来ました。
(自己採点は、28/50でした!)
ただ、その甲斐あってか、都道府県警の筆記試験が解きやすいと感じられるようになったのは収穫でした。

面接も、本命の前に本番の雰囲気を体験することが出来たのは良かったです。
面接会場は、私のときは、
剣道場を簡単なパーテーションで区切られている程度でした。、
受験番号を大声で叫ぶ受験生がいると、その度に質問が聞こえない、なんてこともありました。笑



気になる面接の結果ですが・・・


正直、警視庁の面接はボロボロでした。
(自己採点は、15/100です!笑)



しかし受けたからこそ、自分の課題を見つけることが出来ました。
例えば、
聞かれた質問に対する答えがズレていたこと、
準備していないと途端に抽象的な受け答えであったこと、など気づきを得られました。

ここまで長々と書きましたが
結果は、不合格でした。

ただ、ここでの経験があったからこそ、第一志望に合格出来たのかなと思っています。(結果論かもしれないです笑)




この体験記が
警察志望の方々の参考になれれば幸いです!

↓具体的な採用情報はコチラを参照ください↓

平成29年度警視庁採用サイト
スポンサーサイト

ありがとうございました。

合格アドバイザーのフグタです。
いよいよ私も本日がアドバイザーとして働く最後の日となりました(ノ_<)

と同時にあと5日もすれば、いよいよ社会人となります。
正直、不安な気持ちでいっぱいですが、そんな気持ちよりも少しだけ、「頑張ってやるぞ!」という気持ちのほうが大きいことも確かです。この半年間、皆さんの頑張る姿を見て、きっとパワーをもらっていたからだと思います。
皆さんを見るたびに、がむしゃらに合格を目指して頑張っていた自分を思い出すことが出来ました。
本当にありがとうございました。

この時期は特に、試験への不安や焦りを感じやすい時期かと思いますが、
体調に気をつけて頑張ってくださいね!

卒業こそしますが、皆さんを応援したいと言う気持ちはこれからも変わりません。いえ、むしろ、応援させてください!笑

時間を割いた分だけ筆記の点数は必ずついてきます。
考え悩んだ分だけ面接は、より良いものになっていきます。

無駄なことなど人生には、きっと何一つありません。
自分を信じて、頑張ってください!!!!!!!!




良い報告、お待ちしていますよ(^-^)/

半年間、ありがとうございました。

半年間ありがとうございました!

こんにちは、アドバイザーのMoMAです。
今日が最後のアドバイザー勤務でした。

10月から半年間、皆さんの勉強をサポートしてきました。
一応、私としては精一杯皆さんに情報を提供したつもりです。

どれだけ皆さんのお役に立てたかは分かりませんが、多くの方が、相談を終えたあと「来てよかったです!」だとか、
「少し楽になりました!」といってくれたので、きっと何らかのサポートは出来ていたのかなと思います。

やっと、皆さんとの距離が縮まって、気軽に話せるようになれた!と思ったら、もう3月になっていましたね(笑)
ここで、離れてしまうのはすごく寂しいです。
できることなら、最後まで皆さんの挑戦を見届けたいところですが、ここで一旦お別れです…

(あ、ちなみに、試験中も私たちのブログは稼動するはずなので、ちょくちょくチェックしてみてくださいね!)

半年後、皆さんはきっと合格を勝ち取ることと思いますが、その後はそれぞれ異なる場所でお仕事されることになるでしょう。
それでも、どこかで皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

それでは、皆さんの成功をお祈りしつつ、私の挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました!!

特許庁の説明会がありました!

3/18(土)の17時から1時間ほど特許庁の説明会がありました。
アドバイザーのマツコです。

特許庁についてあまり詳しくない方もいらっしゃると思うのですが、特許庁とは名前の通り、発明品などに対して特許を与えるなど、特許に関する仕事をする省庁です。特許権・意匠権・実用新案権・商標権からなる産業財産権が特許庁の所管です。
例えば、話の中にあったものでは、「雪見大福」の冷凍しているのに生地は柔らかいままというものも特許になるということでした。
身近にあるものに様々な特許があふれていると思うと普段の目線も変わってきそうですね!

特許庁で働く文系職員には商標審査官と事務職員の2種類があるそうで、商標審査官の仕事は専門的、事務職員の仕事は幅広いそうです。事務職員といえど、国際協調、制度調和、途上国協力、模倣品対策など国際的なステージで働くことが出来るなど一般的な事務職員のイメージとは違いアクティブな印象を受けました。

また、留学制度が整備されている(話し手の方はイギリスに8ヶ月行ったそうです)、国内での英語研修が整備されている(集団と個別で選べるらしく、学費は9割負担してくれるそうです)などスキルアップに関しても積極的な印象です。

これまであまり知らなかったという方はこの機会に是非特許庁について調べてみてください!
パンフレット等は公務員コーナーにセット組みして置いてありますので、手にとって見てみてください。

地上対策指導会を終えて


こんにちは、アドバイザーのMoMAです。

先日の「地方公務員対策指導会」に参加した皆さん、お疲れ様です!
地方上級試験は科目数が多いうえに、科目の勉強がしづらいと感じていた方も少なくなかったはずです。
今回も、勉強法などで何かしら収穫はあったと思います(笑)

せっかくですから、参加された皆さんの声を少しだけ紹介します。


今後自分が何をすべきか明確になりました。
最後まであきらめない姿勢が大事だと思いました。


→指針を明確にできたのは大きな収穫だと思います。
地上は必答問題が多い分、事前にどれだけ戦略を立てれるかが大事になってきます。
何をどのような順番で解くかや、どこで何点とれば勝てるのか、といった計算が立つと余裕が生まれますよね。
とはいえ、最後はあきらめない姿勢です!
捨て科目と思って勉強しなかった科目も「よく読めばわかる」なんてことも多々ありますから。


地上の出題傾向や、何を中心に勉強したらいいか知れてよかった。
二次対策も(自分なりに自己分析はしているが)いつやったらいいのか分からなかったが、今日は知りたいことがたくさん知れてよかった。


→地上は二次対策も抜かりなくする必要がありますよね。
自治体によっては、一次の合格発表日に面接カードが郵送されて、それから一週間も経たないうちに返信しなければならないところもあります。
面接カードを書くことを想定して自己分析されているなら、ぜひ継続して行ってください!
日常の中で、「自分の長所ってここかも!」とか「この経験って良いアピールになるかも!」といった突然の気づきがあるかも知れません。
気づいたら、すぐにメモ帳や携帯に記録しておくといいですよ!


今回の感想の中で、「どの科目で何点取るかを明確にしたい!」「時事、論文もしっかり取り組みたい!」といった内容が多くありました。
こちらの意図が皆さんにしっかり伝わっていたようで、よかったです(笑)

私が受験生のときも、「地上って対策しづらいし、難しいなぁ」って思ってました。
全問解かなければならないというのは、プレッシャーではありますが、他の受験生も全教科完璧に仕上げているわけではありません。
合格点(6割5分)をとるために何をすべきか「取捨選択」が大事です。
ある程度、捨てる勇気が必要です。
そして、本試験では、侍ジャパンのように「泥臭く1点を取りに行く姿勢」を持っていきましょう!


今回は以上です!


さて、次回ホームルームは19日(日)の「国税・財務対策指導会」です。
私(MoMA)とマツコさんが参加する予定です!

アドバイザーが参加するホームルームはこれが最終回です。
どうぞよろしくおねがいします!
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。